FC2ブログ
阪急西宮北口で乗り替え、門戸厄神駅より徒歩3分のヨガサロン ハーティーノーツです

2020/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/05


△△△ ハテノツホームページにはコチラからどうぞ △△△
スタイルアップ大作戦 (パワーではありませんバランス重視です)
スタイルアップベーシック
ベーシック
理想狂
理想郷
美尻マスター
美尻マスター
かちこち
かちこち
流
モーニングヨガ
フィールヨガ
フィールヨガ ベーシック アロマヨガ オリエントトリップ    
オリエント


フィールヨガクラス
オリエント トリップ (東洋旅行)
イメージは、オリエンタルエキスプレスで
ゆったりした時間も気にせず長い旅行。
いやなことも忘れてください。
ボディライン、臓器、肌質などを整えるには
常に正しい呼吸と落ち着いた心、安定した精神が
必要となります。
身体を正しく綺麗に維持するには、
自らのチカラで自分の身体を
修正し続けなければなりません。
自分の身体、チカラ、心を信じて
美(健康、体、心)を求めて旅をしましょう。
スポンサーサイト



理想郷


心地の良い音楽とシンギングボールの深い振動音で
心落ち着かせて、しっかりと自分の思う姿、理想像を
頭の中に描き、大きな呼吸と正しくゆったりとした動きで
精神・心・意識のスタイルアップを行います。
健康に元気になりたい人、綺麗に格好良く生きたい人。
もっともっと理想を追いかけてみてもいいんじゃない?
エクササイズの効果もグンとアップします。
「息」
自分の「自」と「心」が合わさって「息」。
自分の心を左右する事の出来る呼吸
みんな怒りたく無いですよね?
落ち着いた心でいたいですよね?
せわしなく呼吸をする人はやっぱりせっかちな人が多いです。
出来るだけ大きくゆっくり呼吸しましょう!
体が堅い、常にチカラガ入っていると大きな呼吸は出来ません。
要らないチカラは必要ありません。
大きな呼吸を心掛けると徐々にカラダもほぐれて
心も落ち着いてきます。

本当の漢字の成り立ちは違うかも知れません。
あくまでも僕の作り話です。
呼吸。
出来るだけ鼻で大きくゆっくり呼吸しましょう。

呼吸、心拍は、生きている人の動作の中で止めることの出来ない動作です。
でも呼吸は自分の意志でスピードコントロール出来ます。
無意識でも呼吸は止まらない。
止めることも出来ますが、頑張って数分程度。顔真っ赤っか!
意識をすればスピードコントロール出来る。


運動したとき、怒っているときは速い胸呼吸。
落ち着いているときはゆっくり大きな呼吸。
(最近はほとんどの人が常に速く浅い胸呼吸ですが)

愛想笑いは、胸呼吸。
本当におもしろくてお腹がイターイ時、おへその下の腹式呼吸。

逆に、呼吸のスピードをコントロールするとき。
怒りを納めるとき、考え事、とんちを働かせるときには「ウーン??」と大きくゆっくり深呼吸をしますよね。無意識の内にスピードをコントロールしていると思います。
カメラのシャッターを押すときにはピントぶれを防ぐために、
ゆっくり息を吐きながら心身を落ち着かすと身体も落ち着き
ブレも少なく綺麗な写真が撮れます。

このように、呼吸のスピードコントロールで
心のコントロール。
ボディコントロール(肉体・骨格・臓器)も行うことが出来ます。

難しい事は言いません。
まずは、お腹、胸、肩、何処でも結構です
大きな呼吸を常に続けてください。
自分のやりやすい所で大きくゆっくりした呼吸をしましょう。
空気中は雑菌だらけ!鼻呼吸で雑菌、花粉をシャットアウト!しましょう。

お手洗いで座った時、
出来るだけおへその下の方。腸をマッサージするようにゆっくり大きな呼吸をしてみましょう。(チカラはいりませんよ!いらない筋肉の収縮がお通じの邪魔をします)
嘘のようにお腹スッキリ!長期便秘のひとは一回目は無理かもしれません。
めげずに続けてみてください。便秘解消です!!
ボクの一番好きなポーズ、山のポーズ。

誰でも簡単に取り組める山のポーズ。
単純に直立だけの山のポーズだけど、奥が深い。

地球のチカラ、重力に身を任せる受動エクササイズ。
自分のチカラで自分の体の重心バランスを取る能動エクササイズ。
の要素を併せ持ちます。

◎無駄な筋肉の緊張を解放する。
筋肉の緊張はカラダの歪み、コリの原因になる。
山のポーズでは、姿勢を作るコアの筋力以外の筋力は出来るだけ解放する。
分かりづらいと思います。ボクも未だに解剖学的コアの筋肉を使えているかは分かりません。
姿勢が崩れないように出来るだけチカラを抜いて行けばいいです。
人によって骨格の違いにより、チカラを感じる部位は違うと思います。


◎頭の中で全身の骨を確認する。イメージ
ほとんどのチカラが抜けたところで
最後に顔の表情からチカラを抜き、そのチカラは背骨を一つ一つ確認するように骨盤まで流れ、股関節で分岐太ももの骨、スネの骨(内側太い方)、土踏まず、地面まで流していく。
途中、チカラの流れが途切れてしまうところが歪んでいる部分。
骨の置き場所を修正します。
股関節の屈曲、腰の反りなどどうしようも整わないところは、チカラがつながるように試行錯誤を続けチカラの抜ける場所を探してみます。
動かすポイントを変えて遠方の部位を意識して配置してみるとうまくつながる時があります。
頭蓋骨の位置や肩甲骨の位置、肩の力、胸の力など

現時点での最高のバランスを最小のチカラで作ります。


バランス(カラダの重心)
最小のチカラでバランスをとる。
カラダが傾いていると無駄なチカラが働きます。
傾いているカラダをどう判断するのか?三半規管では傾きは感じられません。
傾きを感知するのは、筋肉です。
緊張した筋肉では、傾きや、揺れを感知することは出来ません。
カラダが傾いたときに傾いた方にある脱力した筋肉が緊張して傾きを感じます。
重心をとることが出来ます。

呼吸
そのバランスを維持するためにもバランスを崩さない大きな呼吸が必要です。
山のポーズをしているときにお腹を膨らます腹式呼吸がしづらい。という方がよくいます。
原因は色々あります。
無理にお腹を膨らまそうとしなくてもイイです。
腰回り全体を膨らませる感じにしてみましょう。
安定します。
しなやかな腰にもつながります。


山のポーズの基本は、他のポーズ、ほとんどのポーズに使えます。
いつでも何処でも出来るポーズなので思い出したら行いましょう。
歩く姿も変わります。格好良く歩きましょう。
  1. 無料アクセス解析